Introduction

野心家の姉ローラと純粋な妹ケイトは、人々の心を虜にするスピリチュアリスト。
彼女たちは、本当に“見えている”のか? それとも・・・。

1930年代。アメリカ人スピリチュアリストのローラとケイトのバーロウ姉妹は、憧れのパリへと向かう。聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女。死者を呼び寄せる降霊術ショーを披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。そんな二人の才能に魅せられたやり手の映画プロデューサーのコルベンは、世界初の映画を撮影しようと姉妹と契約する。果たして姉妹の力は本物なのか?
見えない世界を見せられるのか?姉妹の運命が狂いだす―。

フランス映画界のソフィア・コッポラと名高い、美貌の天才レベッカ・ズロトヴスキ監督。

アカデミー賞®受賞女優ナタリー・ポートマンと、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディを両親に持つリリー=ローズ・デップが姉妹役で初共演した『プラネタリウム』は、ヴェネツィア国際映画祭ワールドプレミアおよびトロント国際映画祭ガラ・コレクションで上映され話題となった。
監督は、フランスのソフィア・コッポラとの呼び声も高く、初の長編監督作『美しき棘』ではカンヌ国際映画祭の監督週間部門で絶賛され次世代の監督として称賛された美貌の天才レベッカ・ズロトヴスキ。『ブラック・スワン』を超える野心を抱く姉ローラをナタリー・ポートマンが、ピュアでイノセントな妹ケイトをリリー=ローズ・デップが演じ、人の心を狂わすファムファタルとして観る者を魅了する。本作は、実在したスピリチュアリズムの先駆者フォックス三姉妹と、フランスの伝説の映画プロデューサー、ベルナール・ナタンという人物がモデルとなっている。活躍した年代も場所も違うが、「見えないものを見せようとした」、「詐欺師と呼ばれた」という点で彼らには共通点がある。
そんな二つの物語がズロトヴスキ監督の想像力の中で出会い、ミステリアスで独創的な美しい物語を生み出した。

Loading...